もしG1公式戦がタイトルマッチだったとしたら現チャンピオンは誰なのか

第65代IWGPヘビー級チャンピオン:オカダ・カズチカ 第16代IWGPインターコンチネンタルチャンピオン:棚橋弘至 第1代IWGP USヘビー級チャンピオン:ケニー・オメガ 第16代NEVER無差別級チャンピオン:鈴木みのる 以上が本来の現チャンピオンだ。 G1 CLIMAX27公式リーグ戦で無敗のチャンピオンはいなかった。 チャンピオンがG1公式リーグ戦に出場する時は全てタイ…

続きを読む

矢野通vs鈴木みのる

矢野通vs鈴木みのる、この対戦がG1 CLIMMAX両国国技館で見られる。 G1 CLIMMAX27の主要カードだが、この二人のG1 CLIMMAXでの対戦は過去に3度あった。 2012年、2013年、2014年と3年連続で同じブロックとなっている。 対戦成績は矢野通の3勝、つまり鈴木みのるは矢野通に3年連続で負けている。 さらにこの2人は2016年NOAHのグローバルリーグ戦でも同…

続きを読む

高橋ヒロムが決めたタイチ式外道クラッチの名前はヒロム式ではなかった

G1 CLIMAXの前哨戦での高橋ヒロムとタイチの闘いに注目してみよう。 7月26日(水)宮城県・仙台サンプラザホールで行われたタッグマッチ 高橋ヒロム&EVIL vs タイチ&鈴木みのる これは翌日7月27日(木)に新潟県・アオーレ長岡で行われるG1 CLIMAX公式リーグ戦『EVIL vs 鈴木みのる』の前哨戦だ。 当然、注目はEVILと鈴木みのるだが、勝敗が決まったのは…

続きを読む

SANADAが素敵なプレゼントで幻の全勝優勝

新日本プロレスのG1 CLIMAX27の公式リーグ戦も3分の1が終了した。 BブロックのSANADAは、3戦して1勝2敗という結果となっている。 初戦でEVILに勝ったが、鈴木みのるとオカダ・カズチカに連敗してしまった。 負けた試合も内容的には非常に良かったし、勝てそうな感じもあった。 7月15日の記者会見でのコメント 「・・・俺からBブロックのメンバーに素敵なプレ…

続きを読む

外道の敗戦がCHAOSの勝利につながるパターン

G1 CLIMAX27が開幕してから4大会が終了した。 公式リーグ戦は各選手が2戦ずつ消化し、残り7戦だ。 各大会5試合ずつ行われる公式リーグ戦の他に、前半に行われるタッグマッチが面白い。 大体、次に行われる公式リーグ戦で対戦する相手との前哨戦がタッグマッチで行われている。 開幕してから3大会終了時で、3回とも敗戦となっていた選手が二人いた。 デビッド・フィンレーと外道だ。 …

続きを読む