IWGP USヘビー級王座 初代王者と次期挑戦者

アメリカ・ロサンゼルスで7月1日と2日の2日間G1 SPECIAL in USAが行われた。
今週末のワールドプロレスリングで放送予定となっている。
IWGPヘビー級選手権試合、IWGPインターコンチネンタル選手権試合、そして初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメントが1回戦から決勝戦まで放送予定だ。
全部で150分以上の試合を30分で放送するとなると大幅にカットされることになる。

初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメント1回戦
ジェイ・リーサルvsハングマン・ペイジ
マイケル・エルガンvsケニー・オメガ
ジュース・ロビンソンvsザック・セイバー・ジュニア
石井智宏vs内藤哲也

初代チャンピオンになるために3試合連続で勝つ必要がある。
では次期挑戦者は?
チャンピオンの前に立ってマイクアピールすれば挑戦できるのか。
試合で直接王者に勝てば、1回勝っただけで挑戦できるのか。


次期挑戦者も同じようにトーナメントを実施して3連勝で優勝してから挑戦する。
「俺は3連勝して王者になった。」
「俺に挑戦したいなら挑戦者決定トーナメントで3連勝してから来い!」
「トーナメント3勝者同士でどっちが強いかベルトを賭けて戦おう」
こんな形でタイトルマッチが行われるのが良いんじゃないかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451542316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック